会社沿革

昭和43年5月11日
会社設立
昭和43年5月11日
資本金12万ドル(米1ドル = 305円  3,660万円)
昭和44年1月
サイロ完成
昭和44年7月
工場建物完成
昭和46年3月
工場機械設備工事完了、月産定時能力1,000トン
昭和46年4月
養豚及び肉牛用飼料の製造販売開始   
昭和46年7月
資本金15万ドル増資(4,575万円)   
昭和47年1月
日本配合飼料㈱の養鶏飼料受託製造開始   
昭和47年1月
養鶏用配合飼料製造開始(受託専用)  
昭和47年5月15日
第一種承認工場認可   
昭和47年6月28日
飼料用外国産大麦、小麦の加工工場認可   
昭和47年10月28日
麦類の加工消毒工場認可   
昭和48年3月
工場増設、月産定時能力1,800トン   
昭和50年8月1日
資本金8,576万6千円に増資   
昭和50年9月9日
くん蒸許可サイロ認可   
昭和50年11月
養鶏用飼料製造販売開始   
昭和53年12月
日本配合飼料㈱受託製造終了   
昭和54年12月1日
保税上屋認可  
昭和62年3月27日
㈱リウエンと対等出資により㈲大津農園設立しブロイラー農場経営に参画
昭和63年2月25日
㈱リウエンと対等出資により㈱サザンファーム設立   
平成元年2月
㈱赤マルソウに出資(持株率61%)   
平成元年3月6日
イーピーエルオキナワ設立(持株率56%)       
平成3年3月
㈱赤マルソウの株を売却(持株率6.1%)   
平成3年4月
㈱石川酒造に出資   
平成6年2月
月産定時能力2,200トンに増設   
平成6年3月
イーピーエルオキナワ解散   
平成7年6月
協同飼料㈱受託製造開始  
平成7年9月
コンピューターシステムによる自動計量システム製造設備完成   
平成7年11月15日
全琉球商事㈱に出資(持株率29.4%)   
平成8年10月
月産定時能力2,500トンに増設   
平成9年9月30日
㈲大津農園及び㈱サザンファーム解散       
平成9年11月1日
大宜味村字津波1971番地の土地108.946㎡鶏舎13.64㎡及びその他の建物156.45㎡取得
平成12年1月
バラ出荷設備6基完成(150トン収容)   
平成13年1月
バラ出荷設備6基増設(150トン収容)       
平成13年3月
大宜味村白浜字洗田442-59 他9筆47.726㎡の土地及び鶏3,872.48㎡(6棟)取得  
平成13年6月
日本養豚事業協同組合 ゆめ製品受託製造開始       
平成14年1月
副原料」タンク17基増設工事完成   
平成14年1月
コンピューターシステムによる自動計量システム容量増設による改修工事完了  
平成14年9月
バラ出荷設備32基増設(1,069トン収容)
平成15年1月
入出荷場屋根工事完成   
平成16年2月
㈲中央食品加工設立(持株率100%)   
平成18年7月
バイブロシーブ6機設置
平成25年4月
クランブル飼料製造施設完成